著作権処理センター
 Copyright Compliance Center
 学校の入試問題集やeラーニング教材、学術機関レポジトリ 等での適正な著作権処理についてご案内しています。
= INDEX =
著作権処理 [Home]
著作権処理とは?
eラーニング教材
学術機関リポジトリ
使用許諾処理の概要
サポートの流れ
センター活用のメリット
使用許諾処理報酬
見積り依頼など
コンサルティング
法人概要&コンタクト
 
【注】当センターは、著作物使用者の代理人として「著作権処理」を行う Copyright Agency for Licensees で、Copyright Licensing Agency(権利管理組織)ではありません。
             
近年、大学等では、受験生に便宜を図るため、前年度の試験問題集を自校で編集し、希望する受験者に無償で配布したり、ホームページ上で試験問題を公開することは普通のこととなっています。
また、eラーニングでの講義も本格化しつつあり、学術機関リポジトリの取組みも進行しています。
権利が存続する著作物を入学試験等の試験・検定の問題として用いることは著作権法で認められていますが、それを超える領域でも使える、という訳ではないことは言うまでもありません。
(1)入試等の問題に権利が存続する著作物を使用著作権者に報告が必要(マナーとして)
(2)その問題を問題集として頒布したり、HPで公開著作権者の許諾が必要
(3)オンデマンド方式(異時送信)のeラーニング著作権者の許諾が必要
これらの報告や許諾により著作物を適法に使用できる状態にすることを「著作権処理(Copyright Clearance)」(または権利処理)といいます。今や、学校のコンプライアンス(法令遵守)のため、適正な著作権処理が要求されており、野放図が見逃された時代は過去のものとなっています。
とはいえ、この「著作権処理」は口で言うほど簡単ではありません。

このページでは、教育の領域を中心とした(特に、入試問題やeラーニング教材に関する)著作権処理のサポートについてご案内しています。
(注)このページのご案内は、入試問題やeラーニング教材中心ですが、他分野の著作権処理やコンサルティングも取り扱っております。

当センターは行政書士で構成しており、著作権実務に精通した行政書士が代理人としてその任にあたります。なお、調査業務はともかく、権利・義務に関する領域での業者による使用許諾処理は、弁護士法、行政書士法に抵触する可能性がありますので、学校関係者の方はご注意ください。

Next >>